×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきび跡 クレーター あばたの治療とは?

にきび跡のクレーター・あばたを治すには皮膚組織の再生を促進させることが極めて大事です。にきび跡のクレーター・あばたはコラーゲンが線維芽細胞と言う細胞から正常に作られなかったためにできてしまう肌のトラブルです。皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層から成り立っており、コラーゲンを作る線維芽細胞は真皮組織の一部であるところから真皮組織が再生しなければコラーゲンの作る原動力が弱まります。
にきび跡のクレーター・あばたを治すコラーゲンを再生するには皮膚組織の大半を占めている真皮組織を以下に再生させるかにかかっています。にきび跡のクレーター・あばたに影響する真皮は表皮と皮下組織に挟まれており、多数の毛細血管、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンを含んでいます。コラーゲンを作る線維芽細胞も真皮層にあるのです。にきび跡のクレーター・あばたを治すには真皮組織の再生が不可欠と言えますね。
真皮組織を再生させるには真皮内の血液の流れをスムーズにする必要があり、十分な酸素や栄養素を血液に乗せて真皮組織に供給しなければなりません。同時に真皮内の老廃物や死んだ細胞を運ぶリンパ液の流れをスムーズにする必要もあります。

にきび跡のクレーター・あばたの原因

にきび跡のクレーター・あばたはにきびそのものは完治したのに肌に残る色素沈着や赤み、肌のでこぼこのことです。思春期にきびでも大人煮機微でもにきび跡クレーター・あばたはケアをおろそかにすると残ってしまいます。多くはにきびの炎症を悪化させた結果クレーター・あばたが残りやすいのです。にきびの初期症状期に適切な治療をして、スキンケアをしておれば、ぼこぼこのクレーター跡にはなりにくいと言われています。
思春期にきび・大人にきびがができたといって、患部を触ったり潰したりすることは厳禁で、皮膚組織にダメージを与え、コラーゲンが失われて皮膚の再生能力さえ、退化させてしまうのです。やけどでケロイド状態になった皮膚組織の表面はでこぼこしたクレーターに似たにきび跡になります。一旦クレーター・あばたになった組織は自然治癒の可能性は低く、化粧品でも回復は期待できません。にきび跡のクレーターやあばたは一生消えない場合が多いので、たかがにきびと高をくくらず、にきびの初期症状のうちに適切なケアをすることが大事です。にきびの初期症状段階で化粧品を使いすぎるのもNGです。化粧品の成分が毛穴を詰まらせ、余計ににきび炎症を悪化させることもあるのです。

にきび跡クレーター・あばたにしないために

にきび跡があると肌がでこぼこして化粧が上手くいかないなんてことになります。一旦おでこやほっぺにできてしまったにきび跡がクレーターやあばたのようなでこぼこになってしまうと隠すのが困難ですね。さらに、一度クレーターみたいにでこぼこになると治るまで時間がかかりますので、にきびができた時はつぶしたり触ったりせず患部を清潔にして殺菌し肌に余分な負担をかけないようにして自然治癒を待つのが一番です。
既にできてしまったクレーター・あばたのでこぼこの治癒はどうしたらいいでしょうか。肌はターンオーバーという一定のサイクルで新しく生まれ変わっていて、古い皮膚組織は角質となり自然に落ちはがれて、新しい皮膚と入れ替わっていきます。肌のターンオーバーが何度か繰り返されるうちににきび跡はだんだん治癒していくのですが、クレーターみたいにでこぼこになってしまった時は普通のにきび跡にくらべて、でこぼこになった細胞が成長し徐々に目立たなくなっていくといわれます。ただ、にきびは必要以上につぶしたり、触ったりするとクレーターの様にでこぼこになり、元に戻りにくいので、フラット効果のある化粧をしたときはメイク落としを念入りにすることがより大事です。

Copyright © 2014 にきび跡 クレーター 治療 あばたもすばやく治そう!